シルクスクリーンのデメリット

 

のぼり旗を製作する方法はいくつかありますが、美しい品質となる
シルクスクリーンにもデメリットはあります。

のぼり旗は宣伝ツールとして使用するので、いかに費用対効果を
高めるかを前提に製作する必要があります。performance-ski.com/

果たす

シルクスクリーンは製作コストがかかるので、その分
宣伝効果が高まれば問題はないわけです。
けれども実際には、簡易な作りとなる昇華転写などと比べても
さほど宣伝効果は変わらないことがわかっています。

つまりコストが高い分だけ費用対効果は低いという
デメリットがあるわけです。
さらにその製作には時間がかかるために、必要な時に
すぐ手配することができないのもデメリットとなります。co-creativity.org

一般の印刷物と同様に、刷版作業が必要となるので、その分
時間とお金がかかるというわけです。
ただし、一度版を作っておけば、追加で製作するのは簡単です。

しかも大量に注文するほどに単価が安くなるので、
その点においてはメリットと言えます。
チェーン店のように多くの店舗で使用する場合には
コストパフォーマンスは高いわけです。

下げる

けれども個人の飲食店などで注文するのであれば
割高になりますし、またそれほどの耐久性も不要です。

のぼり旗は定期的にデザインを変えて製作し直すことで、
宣伝効果を持続させることができます。tchetche.org
このような使用の仕方をする上では、シルクスクリーンは
デメリットが大きいというわけです。

のぼり旗は使用環境に応じた製作方法を選ぶことが
大切というわけです。

 

Google
WWW を検索 india-supermart.com を検索

ページのトップへ戻る